中学数学勉強法

学習塾

中学数学勉強法

ある問題で特殊なテクニックを使えば普通より短時間で解ける場合があります。
そしてそういった方法を沢山暗記していくことが数学の受験勉強だとする学習塾や参考書も少なくありません。
ところがやり方を暗記することによって数学でもっとも必要な「柔軟な思考」をうばってしまうことになります。

人間は発達の段階においていくつかの記憶の方法があります。
小学生の時は丸暗記する能力に優れていますが高校生になると理解して記憶する能力が勝ります。
中学生はちょうど丸暗記の記憶から理解する記憶へ能力が移っていくときなのです。

学校で習う教科もこの発達段階を考慮して作られているので、
小学校で習うのは丸暗記する掛け算九九や、円の面積を出す公式などです。
中学生になるとだんだん考える教科が増えていきます。
この発達は個人差があるのでまだ丸暗記のほうが得意な人は暗記したほうが楽だと考えがちですが、考える力を伸ばさなければどんどん差が広がってしまいます。
特に数学は考える力”思考力”を養うための教科です。
数学で考える癖をつければ他の教科にも通用する思考力が身につきます。

数学に限らずどの教科でもいえることですが、苦手分野の克服に一番大事なことは「自分を知る」ということです。
さらに、応用問題や新しい分野の問題を解く場合、基本的な事柄をしっかり理解していることが必要になります。
ですから、苦手分野を克服するにはその分野の基礎となる部分をしっかり練習することが重要です。

まず「どこがわからないのか」を探すために、簡単な問題から順を追ってやっていき、どこまでわかっているのかを見つけます。
次に「わからなくなった直前」つまり「わかっている限界」の範囲までを徹底的に練習して、その部分が完璧といえるくらいできるようになったら、「わからない範囲」の簡単な問題に挑戦します。
そうして少しずつレベルを上げてわかるところを増やしていきます。

このときにけっして急がず、一つ一つの範囲をしっかり固めてから次の段階に進むようにすることが大切です。


■■■ おススメ書籍 ■■■

中学の数学・方程式が超わかる本


数学の最重要基礎である方程式を
面白いほどスラスラ自学自習できる新世代参考書の登場!!
小学校の算数レベルから方程式の文章問題までの
膨大な学習事項を、独自の最速カリキュラムで予備知識ゼロから
一気に完成させます。


著者:飯田圭一