英語活動への指導に自信ない

学習塾

「英語活動への指導に自信ない」 小学生必修化に戸惑う教師たち

小学校5、6年生で英語の授業が必修化されて2年が経とうとしている。
カリキュラムに取り入れて初めての年とあって、どの小学校も手さぐりでの授業のようだが、その取り組みはさまざまだ。

小学校の教師に「英語活動への指導に自信があるか」聞いたところ、約7割の教師が「あまり自信がない」「まったく自信がない」と答えた。
「5、6年生の担任になると、英語の授業を受け持つことになるので、できれば避けたいという先生もいるようです」と、いうのだから深刻だ。

地域や小学校間に「格差」「あまり自信がない」という教師の声に不安をもつ父兄は少なくない。
父兄の多くは小学校の英語教育への関心が高く、ベネッセ教育研究開発センターの調べでは、小学生の子どもを持つ保護者に、 「もし週に1時間だけ、授業の時間が増やせるとしたら、どの時間を増やしてほしいか」を聞いたところ、 もっとも多かったのは「英語」で4人に1人が選択したというほど。
小学校で英語教育を必修にすることに対しても、約8割が「賛成」(どちらかといえば賛成を含む)と答えていたそうだ(2007年調査)。

2011年度に英語が必修化されたとき、すでに9割以上の公立小学校で、何らかの英語教育が行われていた。
しかし、地域や小学校間の「格差」があって、予算をとって外国人指導助手をつけている小学校もあれば、公立でも「なかなか予算がつけられない」の小学校もある。

制度を変えるときにも当然ですがそういった指摘はあったんです。
それでも変更しないと始まらないと言う事で変更しましたから、今言っても仕方が無い部分ですね。それもまたその通りです。
中学校で英語をやるのではなく、2年早く行う事にしたわけですから、そこでの教育がいい加減になってしまうならば、やらない方が良いと言う事になってしまいます。

一日も早い教育方法の確立が必要ですね。

簡単なのは英語専門の教員の導入だと思います。
音楽や図工(美術)は専門教員がいますから、同じ事ですね。

そうならない理由は二つだと思います。

予算がさらに大きくなってしまう事と、同時に沢山の教員の育成は不可能な事です。
お金がかかるし、お金さえあれば何とかなるわけでもないと言う事ですね。


でも、英語の教育がしっかりと浸透する事は良い事じゃありませんか。

そうですね、先生が英語をしゃべれないとか、勉強しても話せるようにならないとか、受験にしか役に立たないとか言われてましたね。


■■■ おススメ書籍 ■■■

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』とやり直す中学英語


大人気作品と大人のための「中学英語」復習本が夢のコラボ!
キャラによる合いの手が入るから、記憶に残りやすく
モチベーションが持続しやすい。
楽しくおさらいできる究極の語学書を、ぜひご一読ください。



著者:明慶 徹